毎日の睡眠は一日の生活の中の一つ一つの

行動によって作られているといっても過言

ではありません。

 

朝の目覚め、太陽の光、朝食、運動や仕事、

ストレスの有無など様々な要因が働いて

います。

 

その中でも夜、寝る前の時間帯の行動は特に

睡眠に大きく影響してきます。

 

どのような行動をとればぐっすり眠れるのか

どのような行動をとれば睡眠の妨げになるの

か?

 

そのポイントを知って生活していくことは

質のいい睡眠をとって、熟睡することに

つながります。

 

熟睡するための寝る前の行動を習慣に

できるといいですね。

 

熟睡したいなら意識しよう寝る前の行動

寝る前には食事をしたりお風呂に入ったり

テレビを見たりと色々な行動しますよね。

 

ちょっとした行動の違いがその日の睡眠に

大きく影響してきます。

 

その日1日だけならまだしもそれが習慣に

なっていたならちょっと問題です。

 

いい習慣はそのまま続ければいいわけですし

悪い習慣は気がついた時点で改めることに

よって自分の睡眠の質が良くなります。

 

これまで熟睡できてなかった眠りも驚くほど

変わります。

 

寝る前のOK行動とNG行動は紙一重

生活の行動はほんの少しの差で眠りに

いい影響と悪い影響を及ぼします。

 

まず食事ですが、ポイントは食べる時間帯と

量と内容です。

 

食べ物の消化には時間がかかります。

 

人は眠っていても食べ物の消化活動は続き

ます。

 

消化活動の負担を大きくする要因を避ける

ことが大事です。

 

食事を摂る時間を寝る前3時間以内に

終わらせましょう。

 

食事内容はできれば油っこいものよりも

消化の良い物がいいですね。

 

次に入浴です。

 

お風呂ではゆっくり湯船に浸かって温まる

事が大事です。

 

シャワーだけだと身体が芯から温まりません。

 

ですが熱すぎるのも逆効果です。

 

身体の中心の温度が冷めるまでに時間が

かかりすぎると寝付けなくなります。

 

温まらないのもダメ、熱すぎて温まり過ぎる

のもダメ

 

本当に紙一重なんです。

 

運動も同じです。

 

軽いストレッチなどはいいですが、激しい

運動や筋トレなどは逆に寝付けなくなる

もとになります。

 

 

飲み物においては、一見睡眠に良さそうな

 

アルコール

 

は寝つきをよくしてくれそうですが熟睡する

ためにはよくありません。

 

アルコールには鎮静作用と興奮作用が交互に

働く特性があるので、すぐに寝付けたと思え

ても夜中の眠りは浅くなりすぐに目が覚めて

しまいます。

 

コーヒーなどのカフェインも寝付けなくなり

ます。

 

紙一重の行動をコントロールするより簡単な方法とは?

寝る前の行動が睡眠の質を決定する要因に

なることもあります。

 

しかし、同じ食事内容や入浴方法でも

人それぞれの環境や年齢、体調によって

効果が変わってきます。

 

寝る前の生活習慣を変えることでも質のいい

睡眠は手に入るかもしれません。

 

しかし、誰でももっと簡単に自分の睡眠の

質を高める事ができる方法があります。

 

それが

 

睡眠サプリです。

 

身体に必要な栄養素をサプリメントで補って

あげることで今以上に質のいい睡眠を目指す

ことができます。

 

朝起きたときに何となくすっきりしない

 

疲れがとれた気がしない

 

ぐっすり眠れている感じがない

 

という感覚がもしあるのなら、それは

 

熟睡

 

できていないのかもしれません。

 

私がおすすめするサプリメントは

 

北の大地の夢しずくです。

↓  ↓  ↓

こちらのサプリメントは自然の野菜から

抽出した眠りの質を高める成分が入って

いて、質のいい睡眠を目指したい場合に

おすすめの商品です。

 

商品や睡眠の悩みに関する疑問に答えて

くれる

 

サポート付き

 

であり、

 

全額返金保証制度

 

までついています。

 

日々の寝る前の習慣を良い物に変えつつ、

少しでも早く熟睡できる睡眠生活を手に

入れましょう。