ご飯を食べたらお茶。

 

来客にお茶。

毎日の水分補給にお茶。

 

お茶、お茶、お茶・・・・・

 

お茶は私たちの生活に欠かせない飲み物です。

 

お茶には様々な効果があります。

 

その中の一つに睡眠に関する効果もあります。

 

お茶熟睡できるというのです。

 

その効果と取り入れ方についてお話しします。

 

お茶の驚きの効果と睡眠に影響する栄養素について

お茶が持っている数多くの効果について

見てみましょう。

 

人の心や身体だけでなく、生活の中にも

取り入れられる効果もあるんです。

 

  • 発がん作用の抑制効果
  • 花粉症・アレルギーの軽減効果
  • 食中毒の予防
  • 殺菌作用
  • 美容
  • 胃腸の働きを助ける
  • 歯を強くする
  • 血糖値を下げる
  • 動脈硬化や脳卒中の予防
  • 免疫力をあげる
  • 肥満防止
  • ボケ防止
  • 口臭予防
  • 眠気覚まし
  • 睡眠の質を高める効果

 

免疫力を上げて健康にする効果や殺菌作用に

よる食中毒予防など、消臭効果は有名です。

 

眠気覚ましに効果があるのはカフェインの

働きによるものです。

 

あれ?

 

それなら睡眠にはよくないのでは?

 

そう思われがちです。

 

実はお茶の成分には

 

テアニン

 

というものが含まれます。

 

お茶のテアニンと睡眠への働きとは?

テアニンというのはお茶の旨み成分です。

 

お茶に含まれるアミノ酸の半分以上を占めて

います。

 

 

テアニンって凄いんです!

 

脳の神経細胞に働いて、

 

リラックス

 

状態を作り出します。

 

おまけに、カフェインの興奮作用を抑える

働きがあるので穏やかな眠りに導けるんです。

 

とは言っても熟睡したいと思って飲むのなら

カフェインの量が少なめのお茶がいいですね。

 

お茶の中でカフェインの含有量が少ないのは

 

  • 麦茶
  • 杜仲茶
  • 黒豆茶
  • タンポポ茶

 

カフェインの多いお茶は

 

  • 玉露
  • 煎茶
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • 抹茶
  • 番茶

 

カフェインの量が少なくそれでいて

テアニンが含まれているお茶を生活に

うまく取り入れると睡眠の質の向上も

期待できますね。

 

熟睡を目指すために簡単にできること

テアニンを含むお茶を生活に取り入れること

で睡眠の改善につながります。

 

お茶は毎日の生活で手軽に取り入れられる

方法です。

 

睡眠の質を高めるための成分はテアニン

だけではありません。

 

あなたは次のような症状はありませんか?

 

なかなか寝付けない

夜中にちょくちょく目が覚める

朝スッキリ起きられない

疲れがとれない

 

もし思い当たるのであればそれは、

 

睡眠の質が低下している

 

可能性が高いです。

 

今現在の睡眠に満足できていない場合は

睡眠の質を高める栄養成分をしっかり

身体の中に取り入れてみませんか?

 

睡眠に特化した成分だけを凝縮してあるのが

 

睡眠サプリ

 

です。

 

私がおすすめしたいのは

 

北の大地の夢しずくです。

↓  ↓  ↓

 

この北の大地の夢しずくには

 

アスパラガスに含まれる

 

アスパラギン酸

 

や「眠り草」と言われる

 

クワンソウエキス

 

そしてお茶にも含まれる

 

テアニン

 

などが含まれているんです。

 

これ以外にも多くの成分によって

 

疲労回復

安眠効果

リラックス効果

 

を高めて毎日の睡眠を熟睡できるような

質の高いものに変えてくれます。

 

朝起きたときの疲れがなく、目覚めもスッキリ。

眠ることについて悩みがなくなる毎日を手に

入れたいですね。