昼間の仕事についている場合は、毎日同じ

時間に出社してほぼ同じ時間に退社する。

 

その繰り返しなのでそれほど問題では

ありません。

 

しかし、夜の時間帯に仕事をこなす場合は

色々と辛い悩みもつきません。

 

工場勤務や看護師、警備の仕事などなど。

 

夜勤の仕事は何が大変かって、生活リズムが

くずれやすいので、しっかり睡眠をとるとか

疲労回復につとめるということが難しいです。

 

また、夜勤明けだとなぜか情緒が不安定で

 

イライラする

 

ということも起こります。

 

あなたは今大丈夫ですか?

 

夜勤明けイライラについて考えてみま

しょう。

 

夜勤のもたらす健康への影響と精神的変化とは?

人の行動は太陽の動きととても深く

関わっています。

 

生活のリズムを整えてくれているのが

 

体内時計

 

です。

 

朝起きて昼活動し、夜暗くなったら眠る。

 

この一連の動きは人がとる自然な行動なの

ですが、光や産業の発達で夜の生活環境が

大きく変わりました。

 

昔は夜になり暗くなれば眠る

 

だけでしたが、今では夜も普通に起きて

活動できるようになり、それに伴い

夜に働く仕事も増えてきたのです。

 

これは凄いことですが、身体の健康を

考えるといい環境とは言えません。

体内時計が狂うことの健康被害

体内時計が狂うとどうなるのでしょう?

 

自律神経の働きが乱れます

 

自律神経の中の交感神経と副交感神経は

 

活動→休息

 

興奮→鎮静

 

などのように全く逆の働きをすることが多い

のですが、夜勤をやっていると基本的な生活

内容が昼夜逆転するため、このバランスが

くずれてしまいます。

 

自律神経はささいな事でも不安定になり

ちょっとした行動の変化でも体調不良を

引き起こします。

 

  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸
  • イライラ

 

などに始まり様々な不調が次々と出て

きやすいのです。

 

ですので、夜勤でなく昼間に働いていたと

してもわずかなストレスで自律神経は

乱れます。

 

夜勤ならなおのこと自律神経が乱れて

しまいます。

 

身体も同じです。

 

日中働く場合は夜の睡眠時に内臓をゆっくり

休ませてあげられます。

 

しかし夜勤の生活は体内時計に逆らっている

ため、内臓にも無理やり働いてもらっている

のです。

 

食べ物の消化吸収一つにとってもスムーズに

行かなくて胃腸に負担をかけるわけです。

 

これでは身体の疲れがとれるどころか、また

一つ不調な症状を生み出してしまいます。

 

なのに、夜に働くという体内時計のリズムを

根本からくつがえすような生活習慣はとても

大きなダメージを身体に与えるのです。

夜勤明けの仕事から戻ると何でもないことが気になる

看護師や工場などの夜勤を終えて帰宅し、

家に帰ったら、パートナーや子供の行動に

妙にイライラしたことってありませんか?

 

通常なら目くじらを立てるほどのことでも

ないのに、床に散らばったおもちゃや洋服

などをみてため息が出てしまいます。

 

どうして、ここにこれがあるの?

何で片付かないの?

こうしてって言っておいたのに・・・・・

 

などなど不満が爆発してしまいそうに

なることも・・・・・。

 

そしてしばらく時間が経つとイライラした

自分自身に自己嫌悪を感じてしまうことも。

 

身体の不調のみならず、心の不調も生み出し

やすくなります。

 

もちろん

 

  • PMS(月経前症候群)
  • 更年期障害
  • 仕事上のトラブル
  • 人間関係のストレス

 

が原因でイライラすることだって

あるでしょう。

 

しかし夜勤明けという時間帯は、昼間に働く

以上にイライラを誘発しやすい環境である

ことは間違いありません。

夜勤明けのイライラを解消する方法があった

夜勤明けのイライラがなくなれば少しは

生活しやすくなるし、家族への対応も

問題ないのに・・・・・。

 

家族や周囲にイライラしたり、イライラを

感じる対象が側にいない時でさえ、自分で

イライラの感情を持て余してしまうこと

だってあります。

 

訳もないのにイライラする

 

これってつらいのに自分ではどうしようも

ないですよね。

 

結論を言うと、

 

体内時計のズレを元に戻す

夜勤をやめる

 

これが一番の解決法です。

 

それができれば苦労しないわ

 

そうなんです、実際には環境を

変えられない事が多いです。

それでも夜勤という環境から逃れられない場合は?

夜勤という体内時計を狂わせる生活環境が

心にも身体にもよくないことがわかっても

 

実際には夜勤を辞められない

 

というのが実情ですよね。

 

だって生活かかっているし、

 

「夜勤なんてしたくない」

 

なんて職場に言える訳ないです。

 

そりゃそうですね。

 

どうしても夜に働くという生活スタイルを

続けていくなら、それに合わせて改善策を

考えなくてはなりません。

 

体内時計のズレからくる体調を少しでも

整えるには昼間にもしっかり身体を

休ませてあげることが重要です。

夜勤者でも可能なの?ぐっすり、しっかり眠ってイライラをなくす方法

夜勤は体内時計を狂わせ、昼夜逆転の生活を

余儀なくされます。

 

身体の不調だけでなく心の不安感やイライラ

をつのらせます。

 

夜勤を続けていることによって

 

身体の変化としては

↓ ↓ ↓

様々な不調が現れる

 

心の変化としては

↓ ↓ ↓

自分でコントロールできないような

わけのわからないイライラが起こる

 

これを放っておくと・・・・・

 

身体がだるい

↓ ↓ ↓

疲れがとれない

↓ ↓ ↓

ぐっすり眠れない

↓ ↓ ↓

イライラしてパートナーや子供に

八つ当たりしてしまう

↓ ↓ ↓

そんな自分がイヤになる

↓ ↓ ↓

気持ちが落ち込む

 

悪循環の堂々巡りです。

少しでも早く改善しましょう。

昼間の仕事であっても、夜に満足いく睡眠を

得られていない場合が多いんです。

 

なのに、不規則な夜勤生活で明るい昼間に

しっかり眠るなんてもっと大変そうです。

 

でも大丈夫です。あなたの睡眠を

変える方法はあります。

 

生活習慣を変えていければ一番いいのですが、

夜勤者にはなかなか大変です。

 

いえいえ、もっと簡単で手軽な方法があるん

です。

 

夜勤だとどうしても睡眠ホルモンが十分に

作り出せません。

 

その場合、睡眠をうながす栄養成分を直接

身体に入れてあげることが大切です。

 

それが睡眠サプリです。

 

私がおすすめするのはこちらです。

 ↓ ↓ ↓

睡眠サプリ

 

「北の大地の夢しずく」

 

です。

 

これは質のいい睡眠をとれていない場合に

身体に栄養成分を直接入れてあげることで

身体がしっかり休息できるという働きが

あります。

 

夜勤をやっていると昼間にぐっすり寝て

身体が休息をとることが難しいです。

 

その時に眠りに必要な成分を直接身体に

入れてあげることで眠れるようにして

あげるのがこのサプリメントの力です。

 

 

夜勤を続けていても心や身体の不調には

すぐに困ることもないかもしれません。

 

しかしちょっとした

 

イライラ

 

だるさ

 

眠れないなあと感じる気持ち

 

これを見て見ぬフリをしていると

 

簡単に改善できない不調

 

にまでつながってしまいます。

 

最悪うつになってしまいますよ!?

 

眠れないなあという不眠

↓ ↓ ↓

病気の不眠症にまで発展してからでは遅い

です。

 

対策は早すぎて困ることはありません

 

睡眠サプリは睡眠薬と違って副作用依存性

ありません。

 

一日一回服用するだけの簡単で手軽な食品です。

 

味はさわやかなグレープフルーツ味

一日一本スティックに入ったドリンクタイプ

 

飲みやすく続けやすい

 

これって毎日のことですから大切です。

 

✔開発者自身が10年以上満足に休めな

 かった日々から抜け出せた!!!

 

✔生活リズムの乱れからくる不眠が改善

✔休めないことへの不安がなくなった

✔休息できない悩みに応えるサポート付き

 

✔公式サイト限定返金保証制度付き!

 

 

↓  ↓  ↓

北の大地の夢しずく公式サイトはこちら