眠るときには照明を落とし暗くします。

 

目を閉じて眠るときには光をシャット

アウトします。

 

人が睡眠に使うのに適している時間帯は

夜です。

 

眠りには光の影響がとても大きいです。

 

特に夜勤をしている人はそのダメージを

受けています。

 

耳栓やアイマスクなどのグッズを活用

する人も多いようです。

 

あなたは眠れていますか?

 

不眠の原因が光と関係しているかもしれま

せんね。

 

睡眠の質と光の関係と便利グッズの活用法とは?

人は光を浴びることによって体内時計が

動きだし活動する時間だと認識します。

 

それに従って身体も脳も活動を始めるの

です。

 

そして暗くなることによって

 

(もう活動しなくてもいい)

 

と身体も脳も認識します。

 

ですので夜に明る過ぎる光を浴びると脳が

まだ眠れないと感じて眠気もなかなか訪れ

てこないのです。

 

夜のあふれる光と睡眠との関係について

夜のコンビニなどはとてつもなく明るい光

を放っている環境です。

 

ぐっすり眠りたいと思うなら夜に明るすぎる

光を浴びるのは避けるべきです。

 

寝る前のスマホやパソコンなどのブルー

ライトも体内時計を狂わせる原因に

なります。

 

現代は生活の中に光があふれています。

 

夜らしくないほどの明るい街並み、

夜中でもちっとも困らないほどの明るい

環境。

 

昼も夜も関係ないほどの光の氾濫。

 

夜は真っ暗で何も活動できないという

環境は昔のことです。

 

眠るときもそうです。

 

睡眠に最適な明るさというものがあります。

 

ぐっすり眠る最適な環境としては、寝室の

明るさが

 

月明り

 

くらいの明るさです。

 

かなり暗いくらいが寝るのにちょうどいい

ということになります。

 

夜勤者の生活とその悩み

昼間に仕事をしている人は夜に明るい環境を

避ければいいだけです。

 

しかし夜勤の仕事を持つ人も大勢います。

 

そういう人は夜の暗い時間に明るい光を

浴びながら仕事をして起きていなくては

なりません。

 

体内時計も狂います。

 

そして仕事が終わって眠りたいと思うときには

太陽の光を浴びてしまう環境にいるわけです。

 

自分ではどうしようもないのです。

 

夜勤者が十分な睡眠をとれないのも

この明るさの環境のせいだといっても

過言ではありません。

 

それだけ光は睡眠に大きな影響を及ぼして

います。

 

夜勤で睡眠の悩みをお持ちの場合はこちらの

記事も参考にしてみてください。

 

↓ ↓ ↓

夜の仕事で一番悩む生活リズム!あなたのねむりは大丈夫?

生活の中で暗さを求めるためには

光の溢れる生活の中で暗い環境を作り出す

方法として便利なグッズがあります。

 

アイマスク

 

です。

 

目を休めたい、眠りたいと思うときに

強制的に光を遮断して暗闇を作り出します。

 

夜勤の仕事で昼間に眠れない場合や仕事の

移動時間などで短時間でも休みたいという

場合にアイマスクを活用している人も多い

です。

 

アイマスクの驚くべき効果とは?

アイマスクは光を遮断してくれます。

 

光を遮断することによって暗闇を作り出し

ます。

 

暗闇の中ではメラトニンという

 

「睡眠ホルモン」

 

がたくさん分泌されますので、良質な睡眠を

とれるような条件が整います。

 

ですので夜の就寝時だけでなく昼間の仮眠の

際にもとても効果的なのです。

 

それともう一つ、

 

アイマスクには目を温めるタイプのものも

あります。

 

目を温めることで目の疲れを和らげてくれ

ます。

 

例えパソコンやデスクワークなどの目を酷使

する仕事についていなくても、現代社会では

日常的に様々な光を目から取り入れています。

 

光の影響だけでなく、多くの情報が目を通して

脳内に入り込み、それによって脳が疲れます。

 

その負担を軽減するためには完全に目を閉じて

休憩するというのはとても効果的な方法です。

 

その手段にアイマスクを活用するのも理に

かなっています。

 

目を温めてあげるのも目の疲れを和らげて

あげるのに役に立っています。

 

どうしても時間がないときは目を1分間

閉じるだけでも疲れが和らぐことがあるの

です。

 

不眠を解消するためにできること

少しでも眠れるようにするためにはグッズを

活用する方法も色々あります。

 

夜勤で働いている人は特にそうです。

 

睡眠に必要な環境を自分で作り出さなくては

ならないのです。

 

アイマスクだけでなく耳栓などの便利な物も

あります。

 

参考記事はこちら

↓ ↓ ↓

騒音で眠れない!そんな時の対策はどうすればいいの?

 

音や光、寝室の温度や湿度、多くの環境要因が

重なって不眠を作り出していることもあります。

 

↓ ↓ ↓

寝室の温度を管理する!ねむりを左右する環境の温度とは?

 

環境を整えることは眠れるようになるためには

とても大切なことです。

 

しかしそれだけで不眠が解消されない場合も

あります。

 

それは睡眠に必要な栄養素が足りていない

場合です。

 

その栄養素とは睡眠ホルモンを作り出す

もとになる栄養素です。

 

もちろん普段の食事で補うことも可能ですが

その量を確保するにはトリプトファンを含む

食材とその必要量を毎日把握しておかなけ

ればなりません。

 

それよりももっと簡単な方法があります。

 

それが睡眠サプリです。

 

私がおすすめするのは

 

マインドガードDXです。

↓  ↓  ↓

マインドガードDXは睡眠に必要な休息する

ための成分が豊富に含まれたサプリです。

 

天然ハーブを使って抽出されていますので

成分も安心できるものばかりです。

 

私もためしてみました。

 

私の場合は寝つきが悪いのと夜中に目が

覚めてしまうことが多かったのでそれを

改善したかったからです。

 

普段は寝付くのに30分~1時間もかかって

いましたが、サプリを服用するようになって

15分ほどで眠れるようになりました。

 

夜勤で昼間に眠らなくてはならない場合には

少しでも自然に寝付けるようにしてあげる

ことも大切です。

 

 

生活の中で睡眠の持つ役割はとても重要です。

 

少しでも質のいい睡眠を目指して改善できる

ところから改善していきませんか?

 

手軽で簡単な方法があるのに何もしないのは

もったいない気がします。

 

ぐっすり眠れるという感覚を手にいれられれば

生活の中で身体の疲労回復だけでなく、心の

元気ややる気などのパワーも手に入るでしょう。