多幸感(たこうかん)

って何でしょう?

 

あまり聞き慣れない言葉ですが、

 

とても強い幸福感を感じることです。

 

よく、挨拶などで

 

「皆様のご多幸をお祈り申し上げます。」

 

なんて挨拶でよく使われるのでとても素敵で

いい言葉だと思われがちです。

 

しかしお薬に関しての多幸感は

 

過度の幸福感

行き過ぎた幸福感

 

ちょっとヤバイ状態だということです。

 

もっとわかりやすく言うと

 

中毒性、依存性が強い

やめられない

 

などの状態を指します。

 

ハイな気分になったりアルコールで酔っ払った

感覚に近いかもしれません。

 

今回は市販で手に入る睡眠改善薬「ウット」の

多幸感についてお話しします。

 

ウットって強いお薬なの?多幸感があるって本当?

ウットは市販で買える睡眠改善薬の一つです。

 

数ある睡眠改善薬の中でも比較的強い

催眠作用があります。

 

軽いお薬で効かない、眠れない、という場合に

利用されることが多いようです。

 

そのウットに多幸感があるというのです。

 

多幸感があるとどのような問題があるのでしょう。

 

多幸感の注意すべき症状とは?

この症状は薬の影響で脳内の

 

快楽中枢

 

を刺激することで

 

幸せホルモン

 

と呼ばれる

 

  • セロトニン
  • オキシトシン
  • ドーパミン

 

などが過剰に放出されている状態です。

 

注意すべきなのは、普通の幸せ感よりもさらに

度を越えているという点です。

 

機嫌がいいのは良いことですが、周囲に気配り

できない状態なのではた迷惑な行動を起こす

こともあります。

 

何に対しても自信が出て行動が思いつくまま

で衝動性が強くなります。

 

無謀な行為や喧嘩っ早くなったり社会的な

判断ができなくなるので一つ一つの行動が

人を傷つけたり迷惑をかけるようなことも

平気でしでかしてしまいます。

 

身体面でも疲れを感じないのでいつまでも

元気に動き回れる気がしますし、眠くなる

こともありません。

 

ハイテンションな状態ですね。

 

これってお薬の中毒性がよく表れて

いる症状です。

どんな点に気をつければいいの?

お薬の間違った使い方が一番よくありません。

 

一回に飲む量を勝手に増やしたり、アルコール

と一緒に服用したりして薬の働きを異常に

強めたりすると危険です。

 

どうしてもウットを服用する場合は

 

決められた量や飲み方、飲み合わせの注意点を

必ず守りましょう。

 

なかなか効かないからと自分で量を増やす

のは危険です。

 

お薬に頼らないですむにはどんな方法があるの?

お薬に頼りたいということは、

 

良く眠れない

しっかり眠りたい

 

と思う気持ちがあるからです。

 

では、お薬以外に眠れるように生活を

改善していくことが大切です。

 

生活を一つ一つ改善していけば眠れるように

なります。

 

食事、運動、生活リズム、入浴、環境、

改善する点は多々ありますが、

 

もっと簡単に

 

もっと手軽に

 

改善する方法があります。

 

それは

 

睡眠サプリ

 

です。

 

サプリメントは食品ですので、中毒症状も

起こりません。

 

安心して飲み続けられます。

 

私がおすすめするのは

 

北の大地の夢しずくです。

↓  ↓  ↓

 

こちらは、北の大地(北海道)で栽培された

アスパラガスからとれた成分によって

休息効果を高めるサプリメントです。

 

まだサプリメントを試したことがない場合は

 

「北の大地の夢しずく」

 

からスタートしてみるといいかもしれません。

 

なぜなら大きなこのサプリには特典

あるからです。

 

それは

 

サプリメントだけでなく、睡眠全般の疑問

などにおけるサポート体制があることと、

 

全額返金保証制度

 

がついていることです。

 

薬で強制的に眠りを取り入れている生活

から抜け出して、

 

自然にぐっすり眠れるような生活

 

を手に入れましょう。