長距離トラック運転手は長い時間帯運転を

しています。

 

大切な荷物を積んで、深夜の配送を行う訳

です。

 

人が眠っている夜中こそが働く時間・・・・・

 

というタイムスケジュールが多いです。

 

日本列島北から南へ長いときには4~5日

かけて車を走らせ続けるのです。

 

夜になればどこかに宿泊して美味しい物を

食べて・・・・・

 

いえいえとんでもありません。

 

トラックの中で仮眠をとって、空いた時間に

食料を胃の中に押し込める。

 

睡眠時間だって2~3時間の細切れ単位。

 

身体を壊さないほうがおかしいくらいです。

 

不規則・短時間睡眠・過酷な労働がもたらす健康被害とは?

運転にもある程度の予定はあるでしょう。

 

しかし配送の依頼主の都合での急なルートの

変更や日付や時間の指定変更。

 

それに天候が左右されます。

 

思った通りに仕事が進んで、思った通りに

仕事が終了すると言うことが少ないです。

 

そのせいで空いた時間に睡眠をとる。

 

睡眠ならまだいい方です。

 

仮眠しかとれないことも・・・・・

 

ふかふかのお布団で眠れるわけでは

ありません。

 

手足を思いっきり伸ばして眠れる環境が

ないのです。

 

そして積み荷の上げ下ろし。

 

過酷きわまりないですね。

 

仕事のスタイルがもたらす普段の生活習慣への影響とは?

普段の仕事が短い睡眠や仮眠しかとれない

そんな過酷な状況にいると、仕事以外の

私生活にも影響が出てきます。

 

自宅に帰って熟睡しようと思ってもなかなか

眠れない。

 

何時間寝ても疲れがとれない。

 

「ああ、スッキリした」という熟睡感がない。

 

日々の細かな健康チェックとまめな体調改善が必要

眠れない、熟睡できない、疲れがとれない。

 

などの不調はちょこちょこ修正しておけば

体調を崩すこともありません。

 

しかし、放ったらかしておくと、もとに戻す

まで時間がかかるようになります。

 

何となく調子悪い

↓ ↓ ↓

体調を崩してしまう

 

ということになってしまいます。

 

そうなると仕事どころではなくなります。

 

早めに手をうちましょう。

 

具体的に慢性の睡眠不足を改善するには?

仕事から離れて、まとめて眠れるときにぐっすり

眠るのが一番です。

 

とはいっても、すぐに質のいい睡眠をとりたい

と思っていてもとれるものではありません。

 

それは普段昼間の規則的な仕事をこなしている人

でさえ難しいのです。

 

睡眠に必要な栄養素を直接身体に入れてあげる

 

ことが大切になってきます。

 

そこでおすすめなのが睡眠サプリです。

 

北の大地の夢しずくは睡眠の様々な改善に

時間もとれず、手も回らない人のために

直接睡眠に必要な栄養素をサプリメントで

身体に取り入れてあげられるのです。

↓  ↓  ↓

不規則な生活でも夜勤の仕事でも

夜の長距離トラックの運転手さんでも

ぐっすり眠るにはコレですね。

 

身体がつらいなと思ったら早めの

改善が必要です。