朝起きてカーテンを開け、太陽の光を浴びる

 

誰にでもできてこんな簡単なこと。

 

これが毎日の睡眠に大きな影響を与えている

ことをご存知ですか?

 

一日のスタートを切るのにふさわしい明るい

光と気分を爽快にしてくれる空気・・・・・

 

自然の中を朝散歩するととても清々しい気分

になるのも澄んだ空気だけでなく明るくふり

そそぐ太陽の光があるからこそでしょう。

 

この太陽の光は天気さえよければ何の苦労も

なく当たり前のように浴びれます。

 

なのに睡眠の質を大きく左右する重要な

役目があるのです。

 

太陽の光を浴びることの効果と睡眠への影響とは?

 

太陽の光を浴びると具体的にどんな効果が

得られるのでしょうか?

 

太陽の光は人が毎日を健康的に生活リズム

を保って過ごせるように驚くべき効果を

発揮しています。

 

目覚めをすっきりさせる効果

人は眠っている間、メラトニンという

「睡眠ホルモン」を分泌し続けています。

 

そして朝太陽の光を浴びることで

メラトニンの分泌をストップさせて

くれます。

 

目を覚ましましょう

 

と身体に働きかけてくれるわけです。

 

このおかげで眠気がとれてスッキリ

起きられるのです。

 

朝起きたらまずカーテンなど光を遮っている

物を取り除いて積極的に太陽の光を浴びると

いつもよりスッキリ目が覚めることでしょう。

 

部屋から太陽の光を浴びられない場合は、

朝から一度家の外に出て澄んだ空気と一緒に

身体に太陽の光を浴びると頭もスッキリし、

一日のやる気ももらえますよ。

体内時計を整える効果

人の体内時計はきっちり24時間ではありません。

 

24時間より少し長いのです。

 

ほんの何日間ならこの体内時計のズレもさほど

きにならないでしょうが、これが積み重なると

健康面で大きなダメージが出てきます。

 

子供であれば成長ホルモンが出にくくなります。

 

そして免疫力が下がって風邪をひきやすく

なったりかかった病気が治りにくくなります。

 

太りやすくなったり肌があれたりがんなどの

大きな病気を招く原因にもなると言われて

います。

 

それだけ体内時計を整えて生活することは

重要なんです。

 

そして睡眠にも大きな影響を与えます。

 

睡眠ホルモンである

 

メラトニン

 

が分泌されることで毎日自然な眠気がきて

ぐっすり眠れるのですが、体内時計が狂う

ことによってそのメラトニンが分泌され

にくくなります。

 

眠れなくなっていきます。

 

そしてやっと眠れたとしても疲れがとれ

にくく寝ても寝てもだるい、しんどいと

いう状態になってしまうのです。

 

その体内時計をリセットして毎日のリズムを

整えてくれるのが太陽の光なんです。

 

雨の日でも曇りの日でもいいんです。

 

晴れた日だけでなく、毎朝起きたら太陽の光を

浴びましょう。

 

日中もなるべく太陽の光を浴びる生活を意識

することで体内時計が順調に動いてくれます。

 

室内の仕事であるなら通勤通学のときだけ

でも一駅歩くなどの工夫で太陽の光を浴びる

ことができます。

 

それも無理そうなら5分早く起きて散歩する

のもいいですね。

 

精神面の不安や不調を改善してくれる効果

夜寝る前に一日のことを振り返るのは悪い

ことではありません。

 

しかし考えすぎて不安になったり、どうにも

できないことでイライラしたり、心配や緊張

などが起こるとなかなか寝付けなくなります。

 

かりに眠れても眠りが浅くなり、夜中に目が

覚めたり朝起きても熟睡できた気がしなくて

辛いです。

 

人は日中に太陽の光を浴びることで

 

セロトニン

 

という別名「幸福ホルモン」と呼ばれる

ホルモンをたくさん分泌させることが

できます。

 

これはうつ病の予防や改善の効果があります。

 

心配性だったり、几帳面だったりする人の

気持ちを落ち着けてくれることで眠りやすく

してくれる働きがあります。

 

私は楽天家だから関係ないと思っていても

翌日特別な行事があったり、楽しみなことが

あって気持ちが落ち着かないなんてことも

よくありますよね。

 

(あ~今日はいやなことがあった)

 

とちょっと思い出しただけでもイライラ

して眠れないことだってあります。

 

太陽の光を浴びて幸せホルモンをどんどん

増やし、夜の睡眠に備えましょう。

自然な眠りをもたらす効果

睡眠ホルモンであるメラトニンには、

分泌を抑えることで眠気をとって朝に

スッキリ起きることができる働きが

あります。

 

それと同時に睡眠ホルモンの一番の働きで

ある

 

自然な眠気

 

を誘発する働きがあります。

 

メラトニンは朝起きて太陽の光を浴び、

体内時計がリセットされてから

 

14~16時間後

 

に分泌が開始されるので、起きてすぐに

太陽の光を浴びておいたほうが夜寝つきが

よくなるということですね。

 

太陽の光を取り入れつつ睡眠の質をさらに高める方法とは?

不眠で悩んでいるときは

 

自然な眠気

 

をどうしても得たいものです。

 

太陽の光は精神面の安定にも大きな効果を

発揮してくれ、気持ちが不安定で眠れない

場合にも有効です。

 

太陽の光を浴びる

 

という簡単にできる生活習慣を身につける

ことで改善していきましょう。

 

そしてさらに毎日の眠りを質のいいものに

変えていくためにもっと簡単な方法が

あります。

 

それが

 

睡眠サプリ

 

です。

 

気持ちの面で、不安感やイライラ、

緊張など自分でコントロールできない

症状で眠れない場合におすすめなのが、

 

精神面を安定させて眠りに導く

 

セロトアルファです。

↓  ↓  ↓

 

セロトアルファは、寝ても疲れがとれない

とか、最近やる気がでないと感じたら

ためしてみるといいサプリメントです。

 

不安定な精神面のサポートをしながら、

幸せを感じる成分を増やして気持ちよく

眠れるように改善していく働きが期待

できます。

 

身体だけが健康でも心に不調があれば

本当に健康とはいえませんし、質のいい

睡眠をとることもできません。

 

寝る前に、イライラしたり不安感が

強いなどの悩みがある場合は気持ちを

落ち着かせるサプリメントで安眠を

実現しましょう。

 

太陽の光を浴びて、体内時計を整えるのと

同時に、サプリメントで精神面の安定を

実現していければ、明るく幸せな気持ちで

毎日が過ごせるようになりますね。