医師に処方してもらう睡眠薬にも種類が

多くあります。

 

そして睡眠薬にはその作用時間によって

使われ方が違います。

 

例えば、一度眠ってしまえば朝まで起きる

ことなく眠れる場合であれば、寝つきの

改善だけに着目された

 

睡眠導入剤

 

というお薬があります。

 

眠気が来るまでの時間が短く、持続時間も

短めです。

 

また夜中に目が覚めるのがイヤだとか

まとまった睡眠をとれない場合は、作用時間

が長いタイプの睡眠薬が有効になります。

 

睡眠薬の効果が何時間くらい続くのかは

お薬のタイプによって変わります。

 

作用時間によって分類される睡眠薬とその時間について

私は以前、ちょっとした病気をしてそのため

眠れない日が続きました。

 

身体がしんどいのと、精神的に眠れないこと

のダメージが強くて睡眠導入剤を処方して

もらったことがあります。

 

その時に頂いたお薬は

 

マイスリー

 

でした。

 

これは睡眠導入剤と言われるタイプの

睡眠薬です。

 

睡眠薬の作用時間による分類とは?

  1. 超短時間作用型・・・3~4時間で効果消失
  2. 短時間作用型・・・・5~6時間で効果消失
  3. 中間作用型・・・・・7~8時間で効果消失
  4. 長時間作用型・・・・9~10時間で効果消失

 

となります。

 

ちなみにマイスリーは1番の

 

超短時間作用型

 

になります。

代表的なお薬について

ではそれぞれのタイプの代表的なお薬には

どういうものがあるのでしょうか?

 

超短時間作用型

マイスリー・ハルシオン・アモバン

 

10~15分で効いてきます。

 

私は、飲んだらすぐお布団に入るように

していました。

 

そうしないと、急激な眠気でやっている

ことが中途半端になったり、下手すると

ケガしたりすることもあると医師に言わ

れたからです。

 

案の定、10分くらいで知らないうちに

夢の中に入っていました。

 

ただ、夜の10時、11時くらいに眠りに

ついても夜中の1時、2時に目が覚めて

しまうことがあり、困りました。

 

短時間作用型

デパス・リスミー・レンドルミン

 

15~30分程度で効いてきます。

中間作用型

サイレース・ネルボン・ユーロジン

 

30分程度で効いてきます。

長時間作用型

ドラール・ダルメート・ソメリン

 

30分~1時間くらいで効いてきます。

 

それぞれのタイプ別に適した不眠の症状とは?

睡眠薬の作用時間の違いによって

不眠の症状ごとに向いているお薬と

そうでないお薬があります。

 

超短時間作用型のお薬は

 

入眠障害

 

と呼ばれる寝つきが悪くて

困っている人に向いています。

 

逆に夜中に何度も目が覚めて困ってしまう

場合には向いていません。

 

短時間作用型のお薬は

 

中途覚醒

 

と呼ばれる夜中に何度も目が覚めて

困っている人に向いています。

 

 

中間作用型のお薬は

 

早朝覚醒

 

と呼ばれる早朝に目が覚めてしまい、その後

寝付けない人に向いています。

 

 

長時間作用型のお薬は、

 

うつ病

 

精神的な病気

 

の人に「抗不安薬」として処方される

ことが多いお薬です。

睡眠薬の注意点とは?

睡眠薬は眠れないという大きな悩みを

いとも簡単に改善してくれる凄いお薬

です。

 

しかし、使っていくうえでは気をつけなけ

れば大変なことになってしまいます。

 

副作用その1

持ち越し効果と呼ばれる睡眠作用が次の日

にも影響してしまうものです。

 

昼間にも眠気がとれなくてフラフラしたり、

頭痛やめまいなど起こることもあります。

 

副作用その2

記憶障害と呼ばれるもので、薬を服用して

から完全に眠ってしまうまでのことを覚えて

いないとか、夜中に目が覚めたときのことを

覚えていないというものです。

 

副作用その3

筋弛緩作用と呼ばれるもので、身体の筋肉に

力が入らなくなったり、起きた際に足元が

ふらついて転びやすくなったりします。

 

副作用その4

奇異反応と呼ばれるもので、不安感や緊張が

強くなることで攻撃的な行動をとったりして

しまいます。

 

お薬を大量摂取したり、アルコールと一緒に

服用したときなどに現れます。

 

副作用その5

反跳性不眠と呼ばれるもので、今まで使って

いた睡眠薬を突然止めたときに起こります。

 

睡眠薬を服用し始めた時よりも、もっと強い

不眠症状が起こります。

 

作用時間が短い睡眠薬のほうがこの副作用が

起こりやすいようです。

 

これによって睡眠薬をなかなかやめられなく

なってしまうことも多いです。

 

副作用その6

お薬に頼ってしまう状態が強くなります。

 

これはお薬の成分によって、その度合いが

変わってきます。

 

そのため、不眠症の症状自体はよくなった

のに、お薬をやめられないことも問題に

なっています。

 

睡眠薬は、

 

眠れない

 

という悩みを持つ人にとっては、まさに

 

救世主

 

のようなものです。

 

しかし、使い方を間違えてしまうと、逆に

健康を損ねてしまいます。

 

病院で処方してもらう場合には、自分の

悩んでいる症状をしっかり伝えて、自分に

合った薬を処方してもらいましょう。

 

そして出されたお薬は自分勝手に飲み方を

変えたりせず、医師の指示に従って使い

ましょう。

 

私は病気の際、睡眠薬のおかげで救われました。

 

今現在は睡眠薬は使っていません。

 

それはやはりお薬に対する依存性が怖かった

からです。

 

いつかはやめなくてはと思いながら、結局

延び延びになって1ヶ月間やめられなかったん

です。

 

私だけは大丈夫という根拠のない自信でした。

 

薬を甘くみてました。

 

症状がよくなってきたら、医師に相談しつつ

お薬を減らしたり、止めたりすることも大切

です。

 

そして不眠症状においては薬だけでなく、

生活改善やお薬に頼らなくてもいい方法も

取り入れていきましょう。

 

私は食事の時間や、栄養素を考えつつも、

生活の中に運動などは忙しいを言い訳に

取り入れられていません。

 

しかし、そんな私でも今では寝付くのに

15分とかかりません。

 

そんな私がためした方法とは?

↓ ↓ ↓

睡眠サプリメントです。

 

私が試してみたサプリは

 

マインドガードDX

 

です。

 

副作用も依存性も心配することなく

ぐっすり眠れる。

 

眠りに対する心配のない生活・・・・・

 

こんな生活を少しでも早く送りたいもの

ですね。