子育ては重労働です。

 

身体もそうですが、精神的にも過酷です。

 

子育てが辛くて眠れないという人も増えて

います。

 

誰もが通る道だとは言いますが、昔と今では

環境も違います。

 

周囲の大人が複数で見守り、しつけてきた

時代とは異なり現代では若いママさん一人で

子育てという状況も珍しくありません。

 

一人で取り組まなければならない

 

という強迫観念にとらわれてママさんは次第に

追いつめられていきます。

 

自分でも気づかないうちに身体や心の健康を

害する結果になっていくのです。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

子供が可愛いと思えてますか?

 

子育ては誰もが通る道だけど誰もがすんなりこなせるわけではない

お腹の中で十月十日大切に育んできた子供。

 

その時点で誰もがママになります。

 

ママになるのは簡単でもママであり続ける

のは大変なことです。

 

私も年子の子育てをしてきました。

 

主人は仕事が忙しいし、実家はかなり

離れた県外にありました。

 

度重なる引っ越しで友達もほとんど

いません。

 

そんな中、専業主婦で家の中に閉じこもって

ただ毎日子供と一緒の時間を過ごす。

 

気持ちが追いつめられました。

 

子供は可愛いですよ。

 

可愛いんですが、二人とも赤ちゃんだと

言葉もまともに話せませんし、意志の

疎通も難しいです。

 

二人が泣きだすたびに

 

(あ~もう、何がしたいの)

(どうしてほしいの?)

(何をすれば満足なの?)

 

叫びだしたい毎日でした。

 

上の子の世話、下の子の授乳、夜中に帰宅するほど忙しい主人

主人は子供をかわいがってはくれましたが、

当時はまだ若いこともあって仕事が中心の

人でした。

 

仕事が飲食業で、帰宅は店を閉めてからで

深夜だったり明け方だったり・・・・・

 

おまけに過酷なほど働いていましたので、

翌日も朝早い出勤。

 

子供はそんな事情はお構いなしです。

 

下の子がお腹が空いて泣き出すと上の子

もぐずりだす。

 

私は眠いけど頭がぼ~っとして半分だけ起きて

いる感覚です。

 

子供の世話にもたもたしていて二人がなかなか

泣き止まないと主人がうるさそうに

 

「子供を何とかしてくれ。泣かさないでくれ」

 

と言ってきます。

 

その言葉に悲しくなって毎日がつらかったです。

 

一応フォローするなら、当時の主人は仕事で

くたくた。

 

若いパパでしょうがなかったのだと思います。

 

でも私は次第に追い詰められていきました。

 

眠れない毎日を送っていても昼寝があるじゃない。

 

と言われそうですよね。

 

これが二人同時に寝てくれることは少ないですし、

いざ眠ってくれても私がそのタイミングで

眠れないです。

 

眠いはずなのに眠れません。

 

その時はすでに睡眠のリズムが狂ってきていた

のだと思います。

 

今思い出してもゾッとする自分が怖くなった出来事

主人が仕事で家には私と子供二人だけの時。

 

いつものように、泣き止まない子供たち。

 

おむつを変えたり、ミルクをあげたり、

抱っこにおんぶにお昼寝させようとも

してみました。

 

子供の泣き声がいつしか「わ~んわ~ん」と

耳の奥の方でこだましている感じでした。

 

一瞬意識が途切れたかと思った瞬間私は

ハッとしました。

 

上の子(まだ2歳足らずです。)を蹴り上げ

ようとしていました。

 

手でたたく

 

ではなく、

 

足で子供を蹴ろうとしていました。

 

気づいた瞬間とっても怖かったです。

 

自分が鬼のように思えました。

 

その後どっぷり自己嫌悪に陥ったのは

言うまでもありません。

 

子育てはママが中心かもしれない。でもママだけで頑張らない

子育てはママがやるもの。

 

という考え方は違うと思います。

 

事情があってママがいない子供だっています。

 

そうでなくてもママも赤ちゃんが生まれて

子育て1年生がスタートします。

 

自分が追いつめられていると思ったら

周囲に助けを求めましょう。

 

パパでもいい、実家の親でもいい。

 

地域の福祉の人でもいい、心療内科のお医者

さんでもいい。

 

一人で何とかしようと思うのは凄いことだと

思います。

 

でも自分が壊れてしまっては誰が子供に

笑いかけてあげますか?

 

ママの心と身体の疲れを回復することが

一番です。

 

心と身体の休息とれていますか?

お盆や正月にたまに実家に行くと私の母は

私の顔色が悪いと心配してくれていました。

 

そして二言目には

 

「子供は見てるからお昼寝しておいで」

 

と言葉をかけてくれました。

 

安心できてゆっくり眠れることがどんなに

大事なことなのか痛感しました。

 

お昼寝ってほんの1~2時間です。

 

でも起きたときに頭がスッキリして

身体の疲れも取れていました。

 

短時間でも熟睡する。

 

質のいい眠りってこういう感覚なのかな?

 

と思ったのを覚えています。

 

子育てでつらいと思い始めると普段の睡眠ですら

すんなり寝付けなくて、浅い眠りになってしまい

ます。

 

精神的なストレスや日々の子育てでの身体の

疲れを効果的に取り除いて毎日眠れる状態を

作り出すことって大切です。

 

子育ては重労働です。

 

でもママが心と身体の疲れから回復して

いればまた次の一日がパワーで乗り切れ

るんです。

 

心と身体の休息を効果的にとるために

私は睡眠サプリがいいと思います。

 

私がおすすめするのは

 

マインドガードDXです。

↓  ↓  ↓

身体に必要な休息成分をしっかり取り入れる

ために最適なドリンクタイプのサプリです。

 

天然ハーブを使っているので副作用の心配

もしなくていいです。

 

私もためしてみました。

 

味にちょっとばかり癖があるので苦手な

場合はタブレットタイプもあります。

 

参考記事はこちら

↓ ↓ ↓

マインドガードDXには粒タイプがあるって本当?

 

私はドリンクタイプでも全然問題ありません

でした。

 

マインドガードDXを飲んでからは寝つきが

良くなりましたし、夜中に目が覚めず朝まで

ぐっすり眠れるようになりました。

 

子育て中のママにはぜひとも

 

心と身体の休息

 

をしっかりとって毎日を笑顔で過ごして

ほしいです。

 

だって子供はママの笑顔が一番好きなん

ですから。