日中に何かをしている時にいきなり意識が

飛ぶような居眠りをしてしまうことって

ありませんか?

 

前日の睡眠不足や昼食をとった後に突然

来るような日常のよくある眠気ではなく、

もっと強い突然に襲われる眠気です。

 

自分ではコントロールできません。

 

ふいにウトウトって感じではなく、

突然記憶が途切れるくらいの居眠り

をしてしまう・・・・・

 

これはどうして起こるのでしょう?

 

病気が隠れてはいないのでしょうか?

 

心配になってしまいますね。

 

居眠りのもたらす効果と起こる要因について

居眠りはさも悪い行動のようにとられがち

です。

 

でも居眠りが起こるのには訳があります。

 

その一つは身体を休めるためです。

 

日頃の疲れがたまっているのにそれでも

起きて生活している、仕事をしている

など身体を酷使していると起こります。

 

身体のエネルギーが不足している場合にも

居眠りが関係してきます。

 

脳へのエネルギーが足りていないと強制的に

身体や脳を休ませようとするので居眠りを

起こしてしまうのです。

意識が飛ぶほどの居眠りって一体どういうこと?

一瞬の間、外界との記憶が遮断されて完全に

昏睡状態のような深い眠りに落ちる状態を

 

マイクロスリープ

 

というようです。

 

人は、睡眠をとりながら心も体も疲労回復

しようと働いているので、起きていることが

限界になった時に、マイクロスリープに

陥ることがあるのです。

 

この時、一瞬意識が飛ぶほどの深い眠りに

入ってしまうのです。

 

一瞬ウトウトまどろんだだけなのに、その後

ハッと目覚めたら疲れがとれていた。

 

というメリットもあります。

居眠りの原因を知って対策を考えよう

では、この意識が飛ぶほど居眠りが起こる

原因にはどういうことがあるのでしょうか?

 

血糖値の変動やナルコレプシーという

病気などのせいで意識がとぶような

居眠りをしてしまうこともあります。

 

しかしそれ意外に原因としてあげられるのが

普段の睡眠の質の低下です。

 

なかなか寝付けない、眠りが浅い状態の場合、

自分でも気づかないうちに

 

ぐっすり眠れない

 

体質になってしまっている場合も

考えられます。

 

意識が飛ぶほどの居眠りを放っておくとどうなる?

意識が飛ぶほどの居眠りと言われる

(マイクロスリープ)をそのままにして

おくと怖いです。

 

ガタッと机から物を落として笑われた

とかパソコンの入力ミスで上司に怒られた

というくらいならまだいいです。

 

工場での機械作業で危うく指を切断

しそうになったとか、車の運転中に

対向車線をはみ出していたというのでは

しゃれになりません。

明日からの生活が居眠りと無縁になるには?

意識が飛ぶほどの居眠りを生活の中から

一つでも消していくように行動を起こして

いくことが大切ですよね。

 

まずできることは、

 

自分の日ごろの睡眠の質をよくする

 

ことです。

 

日常生活の中で簡単に取り組むことが

できる内容にサプリメントの活用が

あります。

 

睡眠で身体をしっかり休息させることが

できれば日中の居眠りも減るでしょう。

 

そこで私がおすすめしたいのは、

天然ハーブから休息成分をたっぷり

取り入れてある

 

「マインドガードDX」です。

  ↓ ↓ ↓

寝つきの良さも睡眠の質を確認する際の

一つのバロメーターになります。

 

私はこれを飲むようになって、30分や1時間

かかっていた寝つきまでの時間がとても短く

なりました。

 

サプリメントを使うことでそれまでよりも

ワンランク上の眠りを手に入れられたら

嬉しいですよね。

 

そして睡眠の質が改善することで居眠りが

なくなり、生活も安心して過ごせるように

なれることが理想ですね。