学生時代の授業中ではないけど、居眠り

が続くときってありますよね。

 

仕事中でも居眠りがひどくて仕事にならない

ようでは生活に支障が出て困ります。

 

居眠りは通常、前日に睡眠時間が少な

かったり、何日か寝不足が続いてしまった

時に昼間につい眠気に負けてしまうために

起こります。

 

居眠りの原因があきらかにわかるよう

でしたら、その部分を改善することで

なくなるでしょう。

 

しかし、自分ではしっかり寝ているつもり

なのに昼間に居眠りひどい場合は放って

おくと健康面でも体調に影響が出てしまい

ます。

 

少しでも居眠りがなくなるような生活に

改善していきましょう。

居眠りしてしまう大きな原因3つとは?

仕事中に居眠りをすることはそれほど珍しく

ありません。

 

お昼に食事をしてその後、長く単調な会議の

話を聞いていれば、程度こそ違いますが、

大半の人は眠気も起こるでしょう。

 

しかし、そこは仕事!

 

このまま放っておくことはできません。

 

原因をつきとめて、居眠りが起こらない

ようにしたいものです。

 

昼間に居眠りがひどい理由は、

  1. 睡眠時間が足りていない
  2. 睡眠の質が低下している
  3. 病気が隠れている

などの3点ではないでしょうか?

日中の居眠りと関連性がある病気とは?

まず、一番心配なのが病気の可能性です。

 

居眠りがひどい場合に考えられる病気って

何があるのでしょう?

  • ナルコレプシー
  • 睡眠時無呼吸症候群

などが考えられます。

ナルコレプシーは、昼間の耐えがたい眠気や

笑ったりびっくりすると全身の力が抜けて

しまう

情動脱力発作(じょうどうだつりょくほっさ)

寝入りばなに現れる金縛(かなしば)りの

ような症状である

睡眠麻痺(すいみんまひ)

や、寝入りばなの夢体験による

入眠時幻覚(にゅうみんじげんかく)

を主な症状とする慢性疾患です。

 

また、睡眠時無呼吸症候群については

 

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の

空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし

無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上

若しくは1時間あたり5回以上あれば、

睡眠時無呼吸です。

 

寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか

気付くことができないために、検査・治療を

受けていない多くの潜在患者がいると

推計されています。

 

もしも、気になる症状がある場合は病院などを

受診して一度しっかり診てもらったほうが

いいでしょう。

睡眠時間の基準なんてない

病気が原因でない場合に考えられるのが

睡眠時間の不足です。

 

睡眠時間を何時間とっているかというのは

眠りの悩みがある場合はよく話題になります。

 

7時間?8時間?いえ6時間でも十分?

 

なかには3~4時間でも平気な人もいます。

 

そうなんです。

 

睡眠時間は人によって適した長さがあるので

何時間が正しいとは一概には言えません。

 

しかし・・・・・です。

 

昼間に居眠りがひどい場合は夜の睡眠時間が

足りていないかもしれません。

 

例え自分が7時間眠って十分だと思って

いてもそれで日中に居眠りがひどい場合は

それは十分ではないのかもしれません。

 

そんな時は8時間にして様子を見てみるのも

一つの方法です。

 

それでスッキリ、居眠りがなくなった場合も

あります。

睡眠の質は眠りの悩みがある場合の多くに当てはまる?

睡眠時間がとれていて、それでも居眠りが

ひどい場合は次に考えたほうがいいのは

睡眠の質です。

 

睡眠の質が低下しているかどうかは、毎日の

睡眠ですぐに寝付けているか、夜中に何度も

目が覚めて眠れないことがないか?朝起きた

ときに身体がだるいなどの症状がないかで

判断します。

 

少しでも自分の眠りに満足できていない

のなら睡眠の質を改善しましょう。

 

方法としては生活改善が一番なので

しょうが、それには手間もかかりますし、

時間もかかります。

 

もっと手軽に、もっと簡単に・・・・・

 

それで私は睡眠サプリを使ってみることに

しました。

 

もし、毎日の睡眠が整って昼間のひどい

居眠りがなくなれば、仕事だけでなく、

生活全体も満足いくようになるはずです。

 

私が試してみたサプリメントは

 ↓  ↓  ↓

休息できる成分をたっぷり含んだ

 

「マインドガードDX」

 

です。

 

私はこれで寝つきがよくなり、昼間の居眠りも

ずいぶん減りました。

 

居眠りがなくなるというのは、仕事上の自信

にもつながりますし、だるかった身体も軽く

感じることができるようになりました。

 

日中の頭がぼーっとした感じもなくなり、

クリアな頭で考えられるようになりました。

 

睡眠の質が変わることで手に入る生活は

いいことがたくさんです。

 

あなたは自分の眠りに満足していますか?