子供を育てるって大仕事です。

 

生まれたばかりの頃は2~3時間置きの授乳

おむつ替え、お風呂入れ、すべてにつきっきり

状態です。

 

安全面にも気を配って、時間も決まって

いないので、一日中気を抜けません。

 

少し成長したら楽になるのかというとそうでも

ありません。

 

今度は子供が自分で動き回ることができる

ので行動範囲が広がります。

 

その一挙一動に目をくばって、絶えず神経を

集中させなければなりません。

 

育てる子供が一人でない場合もあります。

 

子供は自分の感情が出てくるようになると、

親のいうことなんて素直に聞いてくれません。

 

何から何まで大変で気が休まらない

 

そんな育児を毎日こなすママって凄いですね。

 

でもその育児疲れ眠れない毎日を送って

いるとしたら・・・・・

 

一刻も早く改善したほうがいいです。

 

現代の育児は大変!いくつかの世代が同居することが減ったその弊害とは?

ひと昔前は何世代も同居で暮らすことが多く

主人の両親、そのまた上の祖父母まで一つ

屋根の下で生活することも普通でした。

 

そうなると、小さな子供がいても自分が

見ていないときは家族の誰かが見ていて

くれます。

 

大勢の大人がいる中で子供が生活します

ので、誰かがしつけたり叱ったりすれば

誰かがフォローしたりほめてあげたり

します。

 

ママが一人で子育てしなくても良かった

わけです。

 

ママが一人何役もこなす現代の子育ての落とし穴とは?

それに比べて、現代のママは核家族で

生活することが多いです。

 

当然のことながら、一般的にはご主人が

日中働きに出て、ママは子育てに追われ

ることになります。

 

一人で子供の面倒を見て、一人でしつけて

一人で叱って、一人でほめて・・・・・

 

全部ひとりでこなすのが当たり前の毎日。

 

これが大きな落とし穴です。

 

すべてを一人で抱え込んでしまうことで

いっぱいいっぱいになってしまう。

 

身体がいくつあっても足りないよ~

 

誰か手伝ってよ~

 

叫びたくなりませんか?

 

手がかかる、時間もかかる。

 

心にゆとりがなくなりイライラしたり不安感

が湧き出てきます。

 

ママを眠れなくする物理的ストレスと心理的ストレスとは?

暑い、寒いなどの気温、騒音などの音、

まぶしいなどの光、身体のかゆみや痛み

などが原因で眠れないのは

 

物理的

 

なものですが、それと別に

 

心理的

 

なストレスが存在します。

 

人間関係や日常生活の中の心配事、不安や

悩みなどがそれにあたります。

 

ママの育児によるストレスは一日子供に

つきあって、くたくたになる

 

物理的ストレス

 

と、一人であれこれ悩んだり、不安に思う

ことで発生する

 

心理的ストレス

 

の両方の要素が含まれます。

 

毎日育児をする中でストレスがたまっていく

と自律神経のバランスを崩してしまいます。

↓ ↓ ↓

眠りたいのに、寝付けない。

寝てもすぐに目が覚める

何度も目が覚めて熟睡感を得られない

↓ ↓ ↓

身体も心もくたくたなのに眠れない

↓ ↓ ↓

精神が不安定になりうつ症状が出てくる

↓ ↓ ↓

「うつ」になってしまうことも・・・・・

 

くたくたなのに眠れないというのは、

心も身体もダメージを受けている証拠です。

 

一刻も早く改善していきましょう。

 

ぐっすり眠れるようになれば自律神経の

バランスも整ってきます。

 

育児で忙しいママがぐっすり眠れるようになるには?

まずは、子供を少しでも見てもらえる

環境を手にいれましょう。

 

一番いいのは実家に里帰りです。

 

パパにお願いして身も心も休息できる

場所を見つけましょう。

 

子育ての先輩である実家の母親に少しだけ

甘えさせてもらいましょう。

 

私はたまに実家に帰ったとき一番嬉し

かったことは、お昼寝でした。

 

「子供は見ていてあげるからちょっと

お昼寝しておいで」

 

実家の母がいつもそう言ってくれて

いたのを思い出します。

 

ほんのひと時安心して眠れるとびっくり

するくらいスッキリします。

 

ほんのひと眠りで身体の疲れも元気も

取り戻せるのです。

 

本当に不思議なことです。

 

睡眠には凄いパワーがあります。

 

次に思い浮かぶのはパパの手を借りる

ことです。

 

子育てはママだけがやるものではないです。

 

パパに2~3時間でもいいので子供を

見てもらってゆっくり眠りましょう。

 

仕事で疲れているパパに言い出せない気持ちも

わかります。

 

でもママが自分の気持ちを伝えなければ

パパもママが辛い思いをしていることを

理解してくれません。

 

知らないままです。

 

家で専業主婦なのだから大丈夫だろう?

 

なんて思われても仕方ありません。

 

自分が追いつめられる前に気持ちをしっかり

伝えましょう。

 

子育て支援センターやママの集まる地域の

子育て広場などを頼ってみるものいいですね。

 

環境を手にいれても眠れなければどうしようもない?

問題は、休める環境を手に入れたとしても

眠れない場合です。

 

眠る際に不安感やイライラした気持ち、強い

落ち込みなどがあるとなかなか寝付けません。

 

そんな時は、

 

睡眠サプリ

 

を頼りましょう。

 

私がおすすめするのは、精神的に不安定な

時にすんなり眠れるようにサポートして

くれる

 

セロトアルファ

 

です。

↓  ↓  ↓

こちらのサプリは身体の疲れよりも

心の悩みを解消してくれるタイプです。

 

まずはぐっすり眠れるようになって

 

それから元気な心と身体で育児に

向き合いましょう。

 

子供はママの笑顔を見て育ちます。

 

ママは子供のためにも自分の心と身体を

大切にしていく必要があるのです。

 

日常の中ですぐに取りかかれることから

始めましょう。

 

ぐっすり眠れたその後には笑顔で

育児に向き合える自分が待って

いますよ。