お昼寝って気持ちいいですよね?

 

一日の中でどうしても昼間に強い眠気が

くることってあると思います。

 

そんな時にほんの少しでも眠ることで

身体の疲れだけでなく気持ちもシャキッと

します。

 

そんなお昼寝ですが、ちょっと寝た後に

疲れがとれることもあるし、全然とれなくて

しんどいこともあります。

 

お昼寝の凄い効果と身体の疲れをとる効果的な方法とは?

 

お昼寝なんかしていると、怠け者なんじゃ

ないかって悩んだりしていませんか?

 

子供が小さかったりすると、子供の寝て

いる間に家事を片付けようと思いつつ、

子供に添い寝しているうちについウトウト

眠ってしまう事ってあります。

 

でもそのおかげで身体の疲れがスッキリ

とれて元気になれたりします。

 

お昼寝の効果って実はとても凄いんです。

お昼寝ってちっとも悪いことはない!その凄い効果とは?

具体的にお昼にはどんな効果があるの

でしょうか?

 

  • 記憶力を高める
  • 疲れを回復させる
  • 美肌を作る効果
  • ストレスを解消させる効果

 

お昼寝って驚くほど色々な効果があるんです。

ですので、日々の生活な中で取り入れて

いくほうがいいこともあります。

 

でも主婦だと、家事もしないで昼寝なんて

怠け者だと思われないかと気になってしまう

人もいるかもしれません。

 

お昼寝は悪者ではありませんよ。

 

身体や心の調子を整えて健康な生活への

サポートを行ってくれます。

お昼寝の効果的な取り方!

 

様々な効果のあるお昼寝ですが、それも

正しいとり方をしてこそです。

 

ただやみくもに眠ればいいというものでは

ありません。

 

効果的なお昼寝のとり方とはどういうもので

しょうか?

 

時間は10分から20分くらいの間でとる

 

あまり長すぎると夜眠れなくなります。

 

寝る前にコーヒーや緑茶などのカフェインを

摂ってから寝ると寝起きがスッキリします。

 

目が覚めたら大きく伸びをして

「あ~スッキリ!よく眠れた」

と言ってあげましょう。

 

身体がしっかり目覚めることができます。

身体の疲れをとる効果的な方法とは?

昼寝で短時間休むだけでも身体の疲れは

かなり楽になります。

 

しかし、毎日昼寝できる環境ではない

場合も多いでしょう。

 

そんな時は・・・・・

 

夜の睡眠を改善しましょう。

 

いつも眠っているから問題ないわ。

 

待ってください。

 

注目すべきは睡眠時間ではなく、睡眠の質です。

 

良質な睡眠をとっておくことが大切です。

 

良質な睡眠をとるには食事の時間を考えたり

一日の運動量を考えたり、寝室の暗さや

静かさ、寝具の固さや寝室の温度と・・・・・

 

う~ん、多すぎます。

 

手間がかかります。

 

もっと簡単な方法はないの?

 

あります。

 

ぐっすり眠るために必要な栄養成分をとる。

 

これが大事です。

 

私がおすすめしたいのが

↓  ↓  ↓

しっかり休息がとれるドリンクタイプの

サプリメント

「マインドガードDX」

です。

 

眠るために必要な栄養成分がたっぷり

入っています。

 

このマインドガードDXと効率のいい

昼寝で身体も疲れ知らず、どんどん

活動的に動けるでしょう。

 

毎日が楽しみになる生活に変えたいですね。