DV(ドメスティックバイオレンス)という

言葉を耳にすることが多い現代社会です。

 

最近はDVという言葉を使いますが、少し

前だと「家庭内暴力」というような言い方

をしていました。

 

意味は恋人や配偶者などの親しい関係の

人から加えられる暴力のことを言います。

 

これは殴る蹴るなどの身体に与えられる

暴力だけでなく、言葉などによって

精神的に傷つける場合も当てはまります。

 

また性的な暴力も入ります。

 

他人事に思えて意外と身近な問題なの

かもしれません。

 

このDVは過去に受けた被害であっても

大きな後遺症となって受けた人を苦しめます。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

え?これもDVなの?その種類の驚くべき多さについて

 

DVには

  • 身体的な物
  • 精神的な物
  • 性的な物

があります。

これらのどれか1つでもDVですし、複数の

場合もあります。

DVと聞いてまず思い浮かぶ身体的な暴力とは?

一般的な例として

  • 平手でうつ
  • なぐる
  • 蹴る

などはすぐに思い浮かびます。

  • 物を投げる
  • 物を使ってなぐる

というのも暴力の一つです。

  • 髪を引っ張る
  • 引きずりまわす
  • 腕をねじる

ここまで来るとちょっと勢い余って・・・・・

というのは言い訳にもなりませんね。

 

一度受けただけでも恐怖を感じるのに、もし

日常的に暴力が繰り返されていたら・・・・・

 

心の傷はどんどん深くなります。

 

ここがちょっと落とし穴かも、精神的な暴力とは?

身体に加えられる身体的な暴力よりもDVだと

認識しにくいのが言葉による暴力だと思います。

 

こちらの問題点は、言葉で言われただけで

罪に問えるのか?という部分です。

 

例として

  • 大声で怒鳴る
  • 人前で罵倒する

というのが多いです。

 

  • 外で働くことを辞めさせようとする
  • 働くことを制限する
  • 生活費を渡さない
  • 「誰のおかげで生活できているんだ」という

などの生活への制限なども暴力の一つです。

 

「子供がどうなってもいいのか」

などと子供をたてにとっておどす

というのもDVの一つです。

 

付き合いの制限もあります。

  • 友人や実家とのつきあいを制限する
  • 電話や手紙を細かくチェックする

 

他にも色々ありますが、私が意外だったのは

  • 何を言っても無視する

ということまで暴力に入るということです。

 

相手が精神的に傷つくことはほぼあてはまり

ます。

人に相談しづらいのが性的な暴力

  • 嫌がっているのに性行為を強要する
  • 嫌がっているのに性的描写のビデオ、雑誌を見せる

嫌がっているのに無理強いするのは夫婦間で

あっても許されません。

その他に

  • 避妊に協力しない
  • 中絶を強要する

というのも暴力です。

 

DVの後遺症は生活の中でも反映されてしまうほど根深い

DVを受けるというのは、傍から見るよりずっと

あなたの心を傷つけ深い闇を作り出すものです。

 

現在DVを受け続けているわけではなくとも

過去に経験があるだけで、その体験が根強く

記憶に残っています。

 

睡眠さえまともにとれないこともあります。

 

普通に寝付けたとしても、何かの瞬間に

フラッシュバックして、記憶がよみがえり

飛び起きてしまったり、うなされたり・・。

 

こういうことが度々起こると身体の疲れも

とれませんし、何より精神的にも疲労が

たまっていきます。

 

眠れないだけでなく、眠る事自体が

 

恐怖

 

になることだってあります。

眠れない状態を放っておくことの健康被害とは?

過去に受けた傷であろうと、

 

  • 今現在まともに眠れていない
  • 熟睡できないでいる
  • 眠るのが怖くて寝付けない
  • 不安が押し寄せてくる
  • 恐怖で飛び起きる

などの症状があるのなら一刻も早く

改善していきましょう。

 

このままでは日常生活においても心と身体

への健康被害がどんどん大きくなってしまい

ます。

 

脳や心臓へのダメージも大きくなり、

がんを誘発する確率も高くなります。

 

眠れない状態が続くと、自律神経が乱れて

身体に様々な不調が起こるだけでなく、

正常な判断力が失われたり、記憶力が低下

してしまいます。

 

昨日食べた物を忘れてしまうようなら

ちょっと注意が必要かもしれません。

 

また、常に不安感がつきまとい、明るい

気持ちや晴れ晴れとした気持ちで生活

できない状態にもなります。

DVを受けた時の衝撃の私の体験

結婚してまだ若かった頃、些細な口げんかが

もとで

 

「死ね!」

「殺すぞ!」

 

と、もの凄い形相で追いかけられて身のすくむ

思いをしたことが何度もあります。

 

服をつかまれたときは心臓が止まるかと思う

くらい動悸が激しくなり息苦しくなりました。

 

今はそういうことはありませんが、

一度その経験があると、ケンカの度に

フラッシュバックしてしまいます。

 

当時は夜寝ていてもビクッとして

飛び起きたり、冷や汗をかいてパジャマが

ぐっしょりのことも何回もありました。

 

私も長年相当苦しみました。

 

夜が怖い・・・・・

 

こうなると仕事にもぜんぜん集中できないし、

まるでうつ状態でした。

 

たった一度の過去のDVで私たちの一生が

潰されてしまうんですね。

 

でも働けなくなると生活していけませんから、

まずはぐっすり眠れることを目標にしました。

 

私が眠れないときに頼ったのはサプリメント

精神的な理由で眠れない場合におすすめな

睡眠サプリメントがあります。

 

これは不安感や気分の浮き沈みなどの

精神的な部分に働きかけるサプリメントです。

 

気持ちの上で問題を抱えて眠れない人やうつ

で悩む場合にも利用されています。

 

普通のサプリメントは眠れないという部分に

特化したものが多いですが、このサプリは、

精神的に不安的な要素を少しでも改善して

もらえるようにと考えられています。

 

↓  ↓  ↓

DVの後遺症で悩みを抱えている場合に

試してみてはいかがでしょう?

 

時が解決してくれるものもありますが、

時が経ってもいつまでも心に残ってしまう

傷もあります。

 

その悩みを改善できるお手伝いができれば

幸いです。

 

ぐっすり眠れる毎日を手に入れましょう。