アロパノールは漢方薬で知られている

「抑肝散(よくかんさん)」

の成分を持つお薬です。

 

商品名「アロパノール」と別に

抑肝散と表記されています。

 

薬局・ドラッグストアを始めとして通信販売

でも購入できます。

 

会社は全薬工業株式会社というところから

出されています。

 

アロパノール販売店で購入したいと思う

場合、あらかじめそのお薬の効果や効能

注意点を知っておきたいところですよね。

 

アロパノールはそもそも何のお薬なの?効果は?

  • ストレスからくる緊張
  • イライラ
  • 不安感

 

などの精神的な症状を改善するお薬です。

 

 

また精神的な不調からくる

 

  • 何となく身体の調子が悪い
  • 疲れがとれなくてだるい
  • 眠れない

 

という悩みを持つ場合に服用されることが

多いです。

 

ですので、アロパノールは

 

緊張を取り除く

眠れるようにする

 

働きのあるお薬ということになります。

 

アロパノールは冒頭でもお話ししましたが、

 

「抑肝散(よくかんさん)」

 

という漢方薬の成分のお薬です。

 

ですので、アロパノールを知るには抑肝散を

知ることが大切です。

 

抑肝散はどういうときに処方される漢方薬なのか?

不安な気持ちやイライラする気持ちを

抑える働きがあります。

 

抑肝散は漢方薬なので基本的には日ごろから

飲んでいて効果を感じるものですが、市販の

アロパノールは

 

  • ドリンクタイプ
  • 錠剤タイプ
  • 顆粒タイプ

 

の3種類があり、ドリンクタイプであれば

比較的即効性を期待できるようです。

 

そして抑肝散の大きな効能の一つに

 

不眠症対策

 

があります。

 

この場合は精神的不安感やイライラによって

眠れないという場合にその高ぶった神経を

鎮めてあげて眠りやすくするという働きが

あります。

アロパノールの問題点とは?

アロパノールは成分が漢方薬ですので、

大きな副作用と言えるものは少ないです。

 

かと言って何の影響もないのかというと

そうではありません。

 

基本的に気持ちをリラックスさせる働き

があるので、緊張がとれるので眠く

なります。

 

その他に食欲が落ちたり、身体がだるく

なる場合もあるようです。

 

眠れないときにはどうすればいいの?

アロパノールは眠れないときにも服用が

効果的だと言われています。

 

ただ朝起きたときにだるさが残る場合が

あるようです。

 

成分が漢方薬でも薬は薬です。

 

飲み続けることによって嬉しくない症状が

出てくることもあります。

 

ですので、眠れないという悩みのために

服用するのであれば、私はだんぜん

 

睡眠サプリ

 

をおすすめします。

 

睡眠サプリは健康食品です。

 

身体に安心ですし、毎日飲んでいたとしても

アルコールなどの制限は特にありません。

 

それに飲み続けることによって効果が期待

できるものが多いです。

 

抑肝散のような漢方薬も飲み続けることで

効いてくるのかもしれませんが、それには

向いている体質であるかどうかの判断が

必要です。

 

体力がある人に向くお薬、体力がない虚弱

体質の人に向くお薬、中等度の体力の人に

向くお薬があります。

 

それを自分で判断するのは難しいですし、

体質の違いで効くお薬も逆に副作用を

もたらす場合だってあるのです。

 

市販薬「アロパノール」と同じように

精神状態の緊張を解いて、リラックス

を求めたい場合や寝つきをよくしたい

ならこちらのサプリがおすすめです。

 

セロトアルファ

↓  ↓  ↓

こちらのサプリメントも気持ちのイライラ感

や不安感を取り除いてくれます。

 

気分の落ち込みや浮き沈み、興奮状態

を抑えるなどの働きがあります。

 

ただ、サプリメントですので即効性は

ありません。

 

毎日飲み続けて少しずつ気持ちが改善されて

いけば寝る前の精神状態の不安もなくなり

ます。

 

サプリメントはお薬ではありません。

 

副作用を考えて心配になったり、薬に

慣れてしまってやめられなくなるかも

しれないとの不安を抱えることもない

でしょう。

 

食事のサポートのような感覚で日常から

取り入れるだけでいいのです。

 

ぐっすり寝付けるようになると、睡眠に

対しての不安な気持ちもなくなります。

 

目覚めのだるい感覚も味わわなくて

よくなります。

 

すんなり寝付ける夜とスッキリ起きれる朝を

手に入れましょう。